福岡 旬菜料理教室 飾り巻き教室 ラ フェリーチェ
クルリ・マイコ

季節の花

いつもテーブルには花を

しみじみ美味しい和のご飯

おもてなしにも日々の食事にも

キッチン

柔らかな光そそぐキッチンでゆったりと調理

家族のために

旬の食材を使って心身をサポート

目で食べる

お料理を引き立ててくれる、大好きな器たち

豚しゃぶと夏野菜のサラダ






豚肉は糖質をエネルギーに変える際に必要なビタミンB1をたっぷり含んだ頼れるスタミナ食材です。 今回は豚シャブサラダにしますが、豚肉を柔らかく仕上げるコツをお伝えします。一見何気ない料理の中にも美味しく仕上げるコツがいくつもあります。レッスンではそのような美味しく仕上げるためのコツや下処理を丁寧にお伝えしたい、、といつも思っています^^

イワシ&ひじきバーグ








いわしは言わずと知れたEPAやDHAといった脳に良いとされる良質な栄養価をたっぷり含んだ食材です。 でも青魚特有の匂いが苦手、、という方も結構多いのではないでしょうか、あるいは煮魚にしてもお子さんがあまり食べないとか、、、。
今回は一人一人手開きにチャレンジしていただき、フードプロセッサーにかけてハンバーグにします!ひじきもたっぷり入って栄養満点!自信をもってお勧めしたいレシピです♡

夏の餃子







我が家は春夏秋冬、餃子を食べています(笑) 肉も野菜もそして皮で糖質も摂れるのでとてもえいようバランスがとれた優秀メニューだと思いませんか?!  今回はいつもの具とはちょっと異なって夏らしくコーンやシソも入っているのでさっぱりといただけますよ。焼き方もしっかりお伝えしますのでお家でもフライパンからお皿にパッと移す円盤餃子、やってみてくださいね~

キウイのゼリー









夏のお楽しみスイーツは「キウィのゼリー」です。 冷ややかなガラスの器は見ているだけで涼しく感じますね。 酸味のあるゼリーはさっぱりしていて喉越しもつるるん。 簡単だけど涼を感じる夏デザートです。

おつまみ冷奴





夏は冷奴が登場する機会も多いのではないでしょうか。 こちらの冷奴はひと手間加えてグレードアップさせます^^ 熱々に熱したごま油をジュ―ッ! このお写真にも油が豆腐にかかっている瞬間、写ってますね^^ 簡単だけどとっても美味しいのです(^。^) ごま油が瞬間的にネギを揚げたようになってごちそう感がアップしますよ。

2018夏のメニュー





夏レッスンただいま絶賛進行中です~♡  過ごしにくに日本の夏、暑くて湿度が高いためどうしても体調を崩してしまいがちです。 夏こそしっかり栄養のあるものを食べて乗り切りたいですね。 夏バテをさけるためにビタミン、ミネラル、そしてタンパク質をバランスよくたっぷり摂りましょう。今回はイワシ(手開きしますよ!)やスタミナ食材である豚肉、たっぷりの夏野菜で盛り沢山なメニューですからお楽しみに♪
詳細はコチラでもご覧いただけます。


☆カラフルパエリア
☆カリカリ豚のご馳走サラダ
☆クラムチャウダーボストンスタイル
☆春キャベツとパプリカのカレー風味マリネ
☆新じゃが入りミートローフ
☆パンナコッタ 苺のソース


日程はコチラ⇒ ☆スケジュール
お問合せ、お申し込みは cooking.lafelice@gmail.com

小さな教室です。ご参加の方にリラックスしてお料理を楽しんで頂きたいと思っています。皆様のご参加お待ちしています♡

夏のレッスンのお知らせ

7月に夏レッスンを開催いたします。
今回はイワシの手開きにトライ!お一人様1尾はチャレンジして頂きます^^
手開きが出来るようになると、イワシメニューが広がりますよ。
その他にも豚しゃぶを柔らかく仕上げるコツや、お店に負けないふんわりだし巻き玉子も作りましょうね。
スケジュールはこちら→ レッスンスケジュール
お問合せ → cooking.lafelice@gmail.com
【メニュー】 ・おつまみ冷奴 ・夏の餃子 ・イワシ&ひじきバーグ ・ねばねば丼 ・豚しゃぶと夏野菜のサラダ ・だし巻き玉子 ・もう一品小さな野菜のおかず ・スイーツ

2018春のスタイル




春のレッスンはあさり、アスパラ、新じゃが、新玉ねぎ、豆類、、など旬の食材を使ってカラフルなお料理に仕上げました。
気づけば魚介をふんだんに使った「パエリア」はスペイン、あさりの旨みたっぷりの「クラムチャウダーボストンスタイル」はアメリカ、デザートの「パンナコッタ」はイタリア、そしてみんなが大好きな甘辛味の「カリカリ豚のサラダ」は日本、、といろんな国のお料理が登場することになりました。だから、春のテーマは「旅する食卓」。 お料理で世界各国に思いを馳せながら楽しめるって素敵なことだと思いませんか(*^_^*)
               


Satomiちゃんのアレンジは黄色がベースのまるで野の花をそのまま摘んで活けたような可愛らしさとナチュラルさがあります。小さな籠だったので、ある時は食卓に、またある時は玄関にと移動させては楽しませてもらいました♪



あさり、有頭エビ、イカ、などたっぷりの魚介から旨みを引き出して作るパエリアのスープ。美味しさのきめ手はこのスープに有り!

               

カリカリ豚のごちそうサラダはたくさんのお野菜と甘辛い味がしっかりしみ込んだカリッカリの豚でボリューム満点です。カリカリ豚はビールのおつまみにぴったり!というお声も何度かいただきましたっけ(笑) 夏にもいいですね!




ご参加の皆さんの装いも春らしくて素敵ですね。パステルカラーで食卓のカラーともぴったりでした(*^_^*)


パエリアは豪快でボリュームがあってそして見栄えがしますね。スープの旨みを吸ったご飯、たくさんの魚介の美味しさが相まって何とも言えないごちそうです。フライパンで簡単にできますから是非ご家庭でも作ってくださいね。




パエリアと春野菜をたくさん入れた「春のミートローフ」を一つのお皿に盛り付けると素敵なワンプレートに。  栄養バランスもバッチリです。アスリートフードとしてもいいですね♪



レッスンにご参加下さる皆様にはお話しましたが、宝島社様から出ている「大人のおしゃれ手帖」6月号に我が家の料理教室の記事を掲載頂きました。  やまもとなおこさんが撮影してくれた写真なので誌面でもとても鮮やかにレッスンの様子が映し出されています。 何かと忙しい毎日の中で、私たちの心と身体を支える「おうちゴハン」。そのゴハンが美味しくて心のこもったものであれば、自分や自分にとって大切な人の人生を豊かにしていくことができます。  手作りの食事にはそんな力が確かにあるのだ、といつも感じます。これからもささやかな日々こそ大切に、そう思える毎日を過ごしていきたいです。



お問合せはこちら



2018春のメニュー



春のレッスンは「旅する食卓」です。
旬のあさりやアスパラ、豆、新じゃが、新玉ねぎ、春キャベツ、イチゴ・・・いろんなものを美味しく食べようと考えていたらメニューがスペイン、アメリカ、イタリア、日本、、といろんな国のメニューになりました^^  美味しさは軽々と国境を越えていきます。 美味しくカラフルな食卓から楽しい心の旅を。

詳細はコチラでもご覧いただけます。
 https://lafelice.exblog.jp/26679890/





☆カラフルパエリア
☆カリカリ豚のご馳走サラダ
☆クラムチャウダーボストンスタイル
☆春キャベツとパプリカのカレー風味マリネ
☆新じゃが入りミートローフ
☆パンナコッタ 苺のソース


日程はコチラ⇒ ☆スケジュール
お問合せ、お申し込みは cooking.lafelice@gmail.com

小さな教室です。ご参加の方にリラックスしてお料理を楽しんで頂きたいと思っています。皆様のご参加お待ちしています♡

カラフルパエリア





旬のあさりや魚介類をたっぷり使ってカラフルなパエリアを作りましょう。  ちょっと難しそうに思えるかもしれませんが、魚介の旨みを吸ったコメはとても美味しくて見た目も豪華だからご家族のお祝いの日やパーティなんかにもうってつけ♪ 玉ねぎをじっくり炒めたり、トマトソースを手作りすれば一層美味しさに深みが生まれ、手作りならではの味が生まれます。 パエリアが作れるようになると「あさり」を使ったお料理のレパートリーも増えますね♡ いろんなお野菜を使っておおらかに作れるのもパエリアの良いところ☆自由にアレンジして楽しんで下さい^^

クラムチャウダー・ボストンスタイル




この季節、旬を迎えたアサリはぷっくりと肥えてとても美味しくなります。栄養価も高まる時期で鉄をたくさん含むあさりは貧血防止にもなりますから是非積極的に摂りたい食材です。  今回のスープはそんなあさりを使った「クラムチャウダー・ボストンスタイル」です。 クラムチャウダーはホワイトソースベースのボストンスタイルとトマトソースベースのマンハッタンスタイルがあってどちらも大好きです。 珍しく市販のホワイトソース缶を使用しますが、缶のくさみが全くなくてサラリと食べられますので夕食だけでなく、朝食や昼食や、夜食にもいいですよ♡

カリカリ豚のご馳走サラダ



みずみずしいたっぷりのお野菜をカリカリ豚と一緒にいただきましょう。 ボリュームたっぷりで一皿で栄養もお腹の具合も十分満足して頂けると思います^^

薄切り豚をこんな風にカリッカリに揚げるといつもとは異なる食感でやみつきになりそう。甘酸っぱいタレは他のお料理にも使えます。何かと応用が利くお料理です。

パンナコッタ



この季節のデザートはやっぱり苺! 甘酸っぱいイチゴソースを作ってパンナコッタをいただきましょう。 とっても簡単にできるのに外さない美味しさ、見た目のキュートさ。


春のデザートは食べても眺めても、心が躍りますね♡

春キャベツとパプリカのカレー風味マリネ





やたらと長いネーミングになってしまいましたが、読めばどんな食材でどんな味なのかも分かってしまいますね(笑)  柔らかな春キャベツとビタミンCたっぷりのパプリカを使ったマリネです。 カレー風味なのでちょっと味のアクセントにもなりお弁当にもいいですよ。レーズンがいい仕事してくれます^^

2018早春のスタイル




2018年最初のレッスンは厳しい寒さを乗り越えるためのパワーアップごはん! 「ニンニク・ねぎ・生姜」をたっぷり使って身体を温め抵抗力をアップしてインフルエンザに打ち勝つお勧めのラインナップでお届けしました!
食べているうちから身体がポカポカ。もしもダウンした時に重宝する鶏手羽のスープやとても作りやすいお魚メニューの「鯖そぼろ」など、今回も皆様のご家庭で即お役に立てる内容をご紹介させていただきました。

                 



インフルエンザが猛威を振るう1月から2月。この時期はちょうど受験シーズンとも重なりご家族の体調管理に気を遣いますね。でもどんなに寒くても節分を過ぎれば暦の上では春。 リビングに降り注ぐ光の中にふと春の足音を感じることも。





今回皆さんをちょっぴり手こずらせた?「もちきびの揚げ団子」モチモチに炊き上げたもちきびは実は栄養の宝庫!これで豚ミンチを包み揚げるとパリパリの食感が何とも新鮮!お出汁のあんかけで熱々を召し上がっていただきました^^

                 


この立ち上る湯気!見ているだけで身体が温まりそうです。土鍋で作る手羽先のスープにはニンニク、葱、生姜のエキスがたっぷり含まれ、うちの家族も体調が悪い時、このスープに随分助けられました。 知っておくととても頼りになる食養生レシピです。





今回は久しぶりの登場となった「開花宣言」。 油の中でフワっと開く様はなんとも可憐で胸キュンです。こういう遊び心があるとお料理が一層楽しくなりますね^^



紫キャベツと人参のマリネサラダ。アントシアニン豊富な紫キャベツをたっぷりと召し上がっていただきました。「キャベツのサラダは青臭くてちょっと苦手なんだけど、紫キャベツなら食べやすい!」とのお声も。ちょっとマイナーでいつも売り場ではコソーッと隅にいるような紫キャベツですが(笑)とっても美味しくてテーブルも華やかになりますよ。




Satomiちゃんのアレンジは黄色のクロスに合わせた白とグリーンが基調のスクエア型。 Satomiちゃんはお花だけでなく風水の勉強もされているので、それによると2018年のラッキーカラーは黄色なんだとか!私はそんなことを知らずに選んでいたのでびっくりしつつも「おお、これは幸先がいいぞ!」と喜んでいたのでした(笑)さらには、スクエア型もラッキーアイテムとのことで、年明け最初のレッスンは「開運テーブル」とでも申しましょうか・・・♡



2018年がスタートしました。 これからも大切な人のため、自分自身のために美味しくて元気になれるお料理を皆さんと愉しく作っていきたいと思います。 私達の人生は毎日続く日常が形作っているからこそ、日々のごはんを大切にして特別じゃない普通の日がささやかな幸せに包まれるように、美味しい食卓をご提案していきたいと思います。     次のレッスンは春の開催です。 またたくさんの皆さんと愉しい時間がご一緒できますように♡
これからもよろしくお願いします。


お問合せはこちら



2017お正月のスタイル



2017年最後のレッスンはLaFelice初の「おせち」でした! 黒豆、数の子、たたきごぼう、紅白なます、柚子風味伊達巻、田作りなど、基本のおせちラインナップを網羅!盛り付けは重箱ではなく銘々のワンプレートに。そして昆布と鰹節をたっぷりと使った極上の出汁を使ってお煮しめと温かいお蕎麦も召し上がっていただきました♡ 出汁の美味しさ、素晴らしさを感じて頂けたと思います。
「おせち」はまるで小さな宇宙のよう。一つ一つに意味があり願いが込められている大切な日本の文化ですね。

                 


もう何十年使っているのでしょう・・・このアルミのお鍋。 ずっと今も現役で働いています。 こうしてゴボウを下ゆでしてたたきゴボウにしていきます。おせちもお煮しめも下準備がとっても大切です。



おせちに欠かせない「飾り切り」。紅白のかまぼこを使って皆さん一つずつチャレンジして頂きました^^ 「これ、絶対やります!」と喜ばれました。普段のお弁当にも使える技ですね♪
                 

田作りはカタクチイワシの稚魚を使って作りますが、乾煎りしてパリッとさせるのが美味しさのコツの一つ。絡める調味料の配合を間違えるとすごく強い味になったり、ガチガチに固まって食べにくくもなってしまいます。 何度も何度も試作を繰り返し、これなら大丈夫!という配合にたどり着きました。「美味し~い!」という皆さんの感想がとても嬉しく、我が家でも好評でした♡



おせちの主役の一つ、「黒豆」。 ふっくらとしてしわの無い艶やかな黒豆は見ているだけで幸せな気持ちになれます。コトコト小さな火で8時間煮る作り方は義母が50年以上前から作り続けているレシピを教えてもらいました。 黒豆がちゃんと煮ることが出来たら、なんだか「おせち作れるようになった感」があるような・・・(笑)


今回はおせちプレートあり、お煮しめの大皿あり、お屠蘇セットありと賑やかなテーブルになりました。お正月ですもの、華やかにしたいですよね。 お料理の写真をとった生徒さんから「待ち受けにしたら運気がアップしそうな写真ですね!」と言われました♡ 心を込めたお料理の写真、きっと運気アップ間違い無しです!



2017年も多くの方がレッスンへご参加下さり本当にありがとうございました。 皆さんとお料理しながら「おいしい時間」を共有出来る時、お料理の持つ「力」にいつも喜びを感じています。 大切な人のために、自分自身のために、これからも心を込めて料理をしていきたいと思います。そしてそんな「美味しくて、作りやすくて、元気になれる」レシピをより多くの方々と共有できるよう、笑顔の溢れる教室にしていきたいと思います。 
これからもよろしくお願いします。


お問合せはこちら



Powered by Blogger.
Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More